1. HOME
  2. この会について
  3. 活動計画Ⅰ期

この会について

第1期:ネットワーク作り 〜2021年12月

CANは初期活動資金の調達を目的に、2021年8月10日から同年9月30日までクラウドファンディング「Good Morning」にて支援を呼びかけました。結果、目標額200万を達成(支援者238人支援総額2,213,000円)し、ホームページなどの作成費用となりました。
香害をはじめとした合成化学物質被害は、全国に点々と広がっています。しかし、その被害は旧来の公害のように、地域や物質が特定されないことから、被害の声すら「個人的な問題」として取り上げられることはなかったのです。
近年「香害」をきっかけに、合成化学物質による被害の声、対策を求める声があがり、人々は孤軍奮闘しています。CANは、ちりぢりになっている空気公害や健康被害への声をひとつに集めます。

①症状などの軽重に関わりなく、柔軟剤をはじめとする生活用品、香料を含む芳香、化粧品、農薬や抗菌消臭剤などによって、日常生活に支障や困難を負っている人の声を集約し、常時公開します。
②環境問題、医療、法律、行政、マスコミなどにかかわる方、専門家の賛同と支援をもとめます。空気汚染、健康被害について、予防原則に則り対策が必要と考える専門家の賛同(*1)を募ります。

※1:専門家の賛同
2009年厚生労働省は病名リストに「化学物質過敏症」を登録し、カルテや診療報酬明細書に記載できるようになりましたが、診断基準や病名を認めるものではありません。そのため現状は、専門医は少なく、地域の医療機関で症状を訴えても、「更年期障害」「統合失調症」や「うつ病」「発達障がい」との診断に留まったり、誤診され、誤った投薬をされることもあります。このような状況のなかで、被害者は家族、職場、近隣の人々から偏見と誤解をうけたまま、適切な対応や配慮をうけられずにいます。予防原則と被害者救済の観点から調査研究をする、医科学、法学などの専門家の支援が必須です。

カナリア・ネットワーク全国公式