そのカナリアたちが、いま、全国各地で点々と声をあげています。
空気が汚染されて健康被害が広がっている現状に対し、
スイミー*のように立ち向かいたい。
一人ひとりの力は弱くとも、
つながることによって得られる力は必ずあります。

* 『スイミー』(好学社)とは、アメリカの絵本。レオ・レオニの原作を詩人の谷川俊太郎が翻訳をしました。
1977年から小学校2年生の国語の教科書にも載録されています。
小さな魚のスイミーは、マグロと闘うために、仲間たちと群をなして大きな魚のようにみせかけます。
一緒に、カナリア・ネットワーク全国という大きなカナリアになってください。

共同代表 斉藤吉広からのメッセージ

共同代表 青山和子からのメッセージ

ともに空気環境問題について考察し、【カナリア】の活動を支援する人たち

カナリア・ネットワーク全国公式